米国株で経済的自由を手に入れる

元ギャンブル依存症の低学歴、低年収の男が米国株(アメリカ株)で経済的自由を目指します。

連続増配62年のプロクター&ギャンブル【PG】2018年Q1決算発表

f:id:ray1988:20171213135636j:plain

米国株ブロガーに大人気のプロクター&ギャンブルの決算がありました。

連続増配62年で生活必需品セクターですから、いずれ投資したい銘柄です。

プロクター&ギャンブル【PG】2018年Q1決算発表

売上予想:162.1億ドル

  結果:162.8億ドル 前年比+4%

 

EPS予想:0.98ドル

  結果:1ドル   前年比+4%

 

売上もEPSも予想と前年比を上回っています。

しかし、為替の影響を除いたオーガニックな成長は+1%としています。

18億ドルの配当支払いと自社株買を14億ドル行い合わせて32億ドルも株主還元しています。これで配当金の連続支払い年数は128年です。

 

f:id:ray1988:20180419235121p:plain

出典:P&G

2018年Q1の決算がどこも好調だったのを見ているせいか、なんか微妙と思ってしまいました。

美容部門が一番好調で「SK-Ⅱ」「Olay Skin Care」が好調だったようです。
グルーミング部門は競争激化のため製品の価格を下げることになった影響もあり不調です。

f:id:ray1988:20180420000650p:plain

出典:P&G

広告費の削減などを試みるも利益率は減少傾向にあります。

それでも粗利益率が48.8%、営業利益率が20.2%もあるというのはさすがです。

2018年のガイダンス

2017年のEPS3.92ドルに対して2018年のガイダンスは5〜8%から6〜8%に引き上げています。

さらに営業利益に対するフリーキャッシュフローの生産性を90%から95%に引き上げています。

ドイツのMerck KGaA社のコンシューマーヘルスケア部門の買収を発表

トップブランドに「Neurobion」「Femibion」「Nasivin」などを持ち、世界でもっとも歴史のある医薬・化学品企業であるドイツのMerck KGaA社のコンシューマーヘルスケア部門を34億ユーロで買収すると発表しました。

私はどのブランドも知らないですがMerck KGaA社のコンシューマーヘルスケア部門の年間売上は10億ドルです。

感想

売上もEPSもガイダンスも良くなりましたが、買収を発表したから?なのか決算発表後に株価は3%近く下落し配当利回りは4%となりました。

 

成熟企業ということもあり大幅な売上の増加は見込めませんが株主還元には積極的です。「株式投資の未来」の運用リターンランキングには16位でとても素晴らしい企業です。

 

P&Gならこれからも株主還元を続けてくれると思いますので新規購入を考えたいと思います。

 

↓↓↓↓↓よければポチッとして下さい。励みになります。

 にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

にほんブログ村

関連記事

www.dividend-life-invest.com

www.dividend-life-invest.com

www.dividend-life-invest.com

www.dividend-life-invest.com