米国株で経済的自由を手に入れる

元ギャンブル依存症の低学歴、低年収の男が米国株(アメリカ株)で経済的自由を目指します。

クラウドが絶好調のマイクロソフト【MSFT】から配当金を受領

f:id:ray1988:20171220064146p:plain

マイクロソフトから配当金を受領しました。

f:id:ray1988:20180314002653p:plain

マイクロソフトからはトータルで9.02ドルとなりました。

12月と比べると保有株数が6株増えています。

マイクロソフトは私が保有する銘柄で唯一安心して保有している銘柄

マイクロソフトは私が保有している個別株では一番保有していて安心していられる銘柄です。

やはり、株価が上がり続けているし、業績も良いし、増配はするし、人気銘柄であるため安心感があります。私は「人気銘柄への投資=安心と引き換えに高値で買うこと」になると思っています。

 

株価は順調に上がり続けているため配当利回りは現在、1.74%と低配当です。

もう保有して1年間経ちましたが投資した当初はこんなに順調に、そしてこんなにもハイペースで株価が上がるとは思っていませんでした。

購入した当時はグロース株という扱いではなかった!?

当時は、まだクラウドのAzureが急成長する前で、PCの売上も上昇が見られず次の柱もなくグーグルというライバル企業のほうが将来有望のため、マイクロソフトの将来を不安視するような記事もあったと記憶しています。配当利回りも約2.5%だったことから株価が59.75ドルで11株購入しました。

 

クラウドに関しては今後少なくとも数年間は安泰だと思っているのでマイクロソフトに関しては株価が大きく下がるようなことがあれば随時、買い増ししていくつもりですがずっと下がりません。

調整局面時に優良銘柄を買い増しできなかった私の愚かさ

今、思えば2月の調整の時に買い増しする資金があればと後悔しています。

やはり、定期的な積立も大事ですが、自分が下がれば買い増しするという銘柄があるのであれば少しでも資金は持っておいた方がいいですね。

マイクロソフトは2月の調整で株価が85ドルまで下がっていましたから、その時買い増ししていればすでに10%も利益がでていることになりますから。

まぁ、後からならなんとでも言えることではありますが・・・

次の調整局面時の投資戦略

次の調整局面時は今のところシスコシステムズを売却してマイクロソフトを購入するか、4月から少しづつ予備資金を貯めていこうと考えています。

なぜ、シスコの売却を考えたのかというと、現在私はITセクターで3銘柄保有しておりシスコはHDVの比率上位銘柄だからです。

さらに、シスコのセキュリティ事業のAI戦略はIBMのワトソンを使って行なっているという記事を見かけたので、じゃぁIBMでいいやと思いました。

マイクロソフトが大きく下がる時はシスコも下がるのは間違いないですが、シスコは現在40%近く利益が出ていまし、高配当のためマイクロソフトと比べると下げ幅は少ないのかなと思っています。

 

なぜ、IBMじゃなくてシスコなのかというとIBMは他のITセクターの銘柄と値動きを比べると、あまりにも期待されていないからか値動きが他のIT銘柄とは違うからです。

 

シスコは今でも買い増ししていきたい銘柄ではありますが、私にとってよりいい銘柄であるマイクロソフトが下落しているとなったらしかたありません。

他にも売却していい銘柄はありますが、次の調整時はセクター分散という点から3銘柄保有しているITセクターの中からシスコを売却することにします。

 

もちろん、予備資金がある程度あればシスコは売却しません。 

 

調整ではなく、その後に大暴落となればどうするかも考えなくてはいけませんが、そこはまだ悩んでいる状態です。

本当に暴落が来たら、私はビビって全売却だけはしないですがその時何に投資するかはETFへの投資を考え出してから悩んでいます。

 

暴落はいずれきますから、しっかり戦略を固めておきたいところです。

 

↓↓↓↓↓よければポチッとして下さい。励みになります。

 にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

にほんブログ村

 関連記事

www.dividend-life-invest.com

www.dividend-life-invest.com

www.dividend-life-invest.com

www.dividend-life-invest.com

www.dividend-life-invest.com

www.dividend-life-invest.com

www.dividend-life-invest.com

www.dividend-life-invest.com